高齢者の利用実態

一人暮らしの男性が利用率が高い

家事代行の利用者数の統計を取ると、高齢の男性の利用者数が多いことがわかります。
これは、家事の苦手な男性が、高齢になったのに伴い更に家事が億劫になり、家事代行サービスを利用しているということです。
また、遠方に家族が住んでいる方が、家族が中々来られないので、代わりに家事代行サービスを利用するということも多いようです。
一方で、若い世代の家事代行サービスの利用率は低く、全く利用していない事も多いようです。

高齢者が依頼する內容

高齢者が家事代行サービスに依頼する內容については様々なものがあります。一般的な掃除はもちろん、調理補助なども有るようです、介護と異なり、あくまで家事の代行なので入浴補助などは無いのですが、それでも家事代行サービスを利用することで、日々の家事についてかなりの負担軽減ができているようです。
また、家事に起因する怪我(調理中のやけど、転倒による骨折など)を減らす効果もあるようです。

まだまだ増える高齢者への需要

今後、日本は高齢化社会になっていきます。これからも、家事代行サービスんの需要は右肩上がりに上昇していくことでしょう。
それとともに、高齢者を狙った悪徳業者が増えることも予想されます。家事代行は生活に密着したサービスですので、サービス品質の向上がかなり重要な物となります。ですが、低品質のサービスを高コストで押し付ける事も有り得るので、ここは厳しくチェックする必要がありそうです。

Comments are closed.