心身に余裕を持つために

共働きが当たり前のように
「男性は外で働くもの、女性は家を守るもの」というのは古い時代の考え方かもしれません。女性にも働く意欲さえあれば男性と同様に社会に進出していくべきだと、近年は女性も働きやすい社会整備が進められていると言われています。しかし、物価上昇や税金アップなど、年々家庭に掛かる負担は増えている傾向にあり、そんな家庭を維持するためには、「専業主婦」から「共働き」へと、望まざるとも社会に働きに出なければならない、という人も少なくないようです。どちらにせよ、昔に比べ共働きが当たり前のように増えているというのが現実のようです。

毎日が戦いのよう
女性が男性と同じように働くようになっても、家事というのは誰かがやらねばなりません。仕事を終えて帰ってもまだ仕事が残っているわけです。そしてどちらがやるかと言えば、不器用な旦那さんより慣れている奥さんの方に負担がかかる確率が多いと言えます。中には二人でちゃんと男女分担してという夫婦もいるかもしれませんが、二人とも残業で遅くなる日は家事は残ってしまいます。また更にこれに子育てが入ってくるとなると、幼稚園・保育園・託児所などの送り迎えもあり、食事の買い物、料理などする時間も考えたら毎日がまるで戦いのようです。余裕がなくなってくると心身ともに疲れてしまい、せっかく家庭を維持するために始めた共働きなのに、家庭が上手くいかないという弊害も出てきかねません。

家事代行サービス
そこでお薦めなのが『家事代行サービス』です。共働きのお二人に代わって、掃除、洗濯、料理などの家事を代行してくれます。日中働いている間にこれらのことをやってくれるので、仕事から帰ってからはある程度の余裕が生まれます。毎日頼まなくとも、週何回かの契約も出来ますので、自分で出来る時はやってそうでない時だけ依頼するようにすれば、全て任せっきりにしなくても済みます。共働きのご家庭ならばこの『家事代行サービス』を検討してみるのも一考です。

Comments are closed.