今の世の中に必要なサービスかもしれません

【働く女性の増加】
近年はより一層女性の社会進出が叫ばれています。実際に「女性が輝く社会」を目指して、国を挙げての政策が成されています。しかしその以前から、女性の社会進出は増加傾向にあります。例えば専業主婦世帯は2015年では687万世帯となっていますが、1980年には約1,100万世帯と2倍近い数値でした。また、共働き世帯は2015年には1,000万世帯を超え、1980年時の約600万世帯から大きな増加を遂げました。この傾向は今後も続くと予想されており、働く女性はさらに増えていくことでしょう。

【時短ビジネスに注目】
このように女性も働くようになり、注目され始めたのが「時短サービス」です。例えばカット済みの野菜やロボット掃除機など、消費者の時間や労力を省く製品が多く生まれています。もちろんそれは物質的なものだけでなく、サービス面でも増加しています。そのうちの一つが、「家事代行サービス」です。現在その市場規模は約1,000億円といわれていますが、将来的には6,000億円にも達するといわれています。しかし実際のところ、家事代行サービスを利用しているご家庭は約3パーセントと、まだまだ低い数値です。そのため経済産業省は、家事代行サービスを通して女性の社会進出を進めるために「家事支援サービス推進協議会」と立ち上げ、家事代行サービスのガイドラインも策定したのです。このような国の後押しもあり、家事代行サービスは今後一層の発展が見込まれています。

【家事代行の不安はご相談を】
利用率が3パーセントとは言いましたが、その認知度は80パーセントにも上ります。認知しているのにも関わらず利用していないのは、主に「価格が高いから」「業者とはいえ、知らない人を家に上げるのに抵抗感がある」といった理由が調査結果により明らかになっています。もちろんこの結果については、家事代行業者もよくわかっています。そのため独自のサービスで、このような不安を解消し、顧客獲得につなげているのです。ご契約云々の前に、まずは一度ご相談してみてはいかがでしょうか。今まで知らなかっただけで、想像していたよりずっと素晴らしいサービスかもしれませんよ。

Comments are closed.