いろんな人が家事代行を利用しています

家事代行と家政婦さん
「家事代行」という言葉が少しずつ浸透してきているようです。家事代行とは、掃除や洗濯などを中心に、買い物、子守り、料理、草むしりなど、普段の生活の中で「時間がなくてやりきれない」「都合が悪くて誰かに頼むしかない」という場合に、サービス会社に依頼して、それらを代行してもらうというものです。近年、利用者が増えてきているようです。一方「家政婦」と聞くと、某ドラマを思い出したり、お金持ちが家のことを任せるために雇っている、というイメージを持ちがちですが、家政婦さんは「家政婦紹介所」を通じて紹介される家事代行のプロのことを言います。契約は家政婦紹介所と行います。つまり、家事代行も家政婦さんも、大きな違いはなく、お仕事的には同じようなものなのです。

家事代行はどんな人が依頼するか
では具体的に家事代行はどんな方が利用しているのでしょうか。
1)自分の時間を大事にしたい人
 ずっと家事をしていたら、あっという間に一日が過ぎてしまいます。専業主婦である限り自分の時間が持てない・・・そんな人
には家事代行がオススメです。家の留守をお願いして、自由な時間を持つことが出来ます。
2)共働きの家庭
 お互い仕事を持っていて、どちらも帰りが遅いということでは、家の中は汚れていく一方です。週末の休みも掃除・洗濯でおしまいということになっていまうでしょう。そんな時家事代行に依頼すれば、家事の負担を減らすことが出来ます。
3)子育て中の家庭
 小さな子供がいたり、妊娠中ということであれば、思うように体が動かせず家事も出来づらいものです。そんな時は家事代行を利用しましょう。家事代行の間おしゃべりの相手にもなりますし、子供を見てくれている間にやりたいことも出来ます。
4)高齢者の補助
 核家族化が進み、高齢者の一人暮らしも増えています。高齢者は自分の身の回りのことをするだけでも精一杯です。家事代行にお願いすれば、掃除や洗濯など労力が必要なところは、全て家事代行に任せることが出来ます。

家事代行サービス会社
家事代行は、冒頭の家政婦紹介所をはじめ、個人の何でも屋、掃除専門業者、家事代行業者など様々な会社が扱っています。サービス内容と料金は一様ではありませんので、いくつも資料を集めて、吟味してから選ぶようにしましょう。

Comments are closed.